2008年06月20日

「ノリック」衝突死、Uターンした運転手に猶予付き有罪判決

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080619-00000044-yom-soci


久々の更新でこんな記事を書くのもどうかと思うのですが…



事故直後の2chバイク板の騒然とした空気はよく覚えています。



死んで詫びろと過激な事を言う人もいましたが、

被告はそれこそ死ぬまで、バイクを見る度に

後悔しても後悔しきれない思いにかられる事でしょう。



こうやって交通事故でまた1人惜しい人を亡くしてしまった訳ですが、

これがもし、より身近な人だったらどうでしょう。



ファン、という立場ですらあれだけ多くの人が悲しみに暮れる訳で。

もしそれが身近な人だったら一体どれだけ辛いのでしょうか。




最悪の事態に到らなかったとしても、身近な人が事故に遭ったら。


もっと身近な話をすれば、無理を強いられて、怪我や病気をしてしまったら。


もっともっと身近な話にすれば、不用意な一言で心を傷つけられたら。
(さすがにちょっと話が行き過ぎですが…)




人を傷つけるというのは多くの人に理不尽な辛い思いをさせてしまうという事なんじゃないでしょうか?


バイクの話で言えば、止まれない速度ですり抜けやめませんか?

ギリギリで信号渡るのやめませんか?

ケータイいじるのやめませんか?

「まー、行けるでしょ」やめませんか?



交通ルールどうのこうのは言いません。

でも少なくてもこれら4つは止めようと思えば止められる事です。

止めても困らない事です。



交通法規を完全遵守してる訳でも、事故った事がある訳でもない僕が言うのも大して説得力ないですけど。
posted by 1944. at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。